New ガラケーは絶滅危惧種の仲間入り? ガラケーの国内出荷台数がついに0に・・・
2018年第1四半期、ガラケーの出荷台数が実質0になった。対するスマホは好調で、iPhoneがトップ。「スマホが一番」な世の中にシフトしていく中でも、「料金を安く抑えたいからガラケーがいい」「電話とメールしかしないからガラケーがベスト」等、ガラケー派の方の様々な意見も。ガラケー派の方の意見を聞くと、ガラケーだってまだまだ現役だな、絶滅してほしくないなと改めて思います。

New ガラケーはダサい? 子ども達の携帯事情
兵庫県のとある児童養護施設ではスマホが禁止。その理由はトラブル防止・気づかないうちに課金などのリスクが大きい為。その一方、県が調査した高校生のスマホ所持率は97.5%。というニュースがありました。ガラケーを持ち続けるのか、スマホを選ぶのか。その理由も人それぞれ。ガラケーを触ってみて初めて気づく良さだってあります。「スマホ至上主義」から、「スマホとガラケーが共存できる世の中」になっていってほしいなと、思います。

New 携帯市BAR、いよいよ本日開催です!!
携帯市BAR、いよいよ本日開催いたします!!
懐かしいガラケーでゲームを遊んでみませんか??
当日はドリンクも無料です♪

New やっぱり使い慣れたガラケーが一番? シニアのスマホ所有率調査結果
1月のシニア調査をしたところ、60代のスマートフォンの保有率が初めてフィーチャーフォンと逆転したというニュースがありました。70代でも3割がスマホを使っているそうです。詳しく見てみると、60代、70代のどちらも、ガラケーの所有率は「微減」。シニアにとって使い慣れたガラケーのニーズは、まだまだありそうです。

New ガラケー時代にはなかった・・・やっぱりコワい?スマホ決裁
日本は外国に比べて、クレジット・電子マネーの利用比率が大きく低い。その理由は他の国と比べて治安が良いから、というニュースがありました。
「何を」「いくらで」「どこで」「いつ」購入したのか、生活パターンや趣味・個人情報が分ってしまうという大きな欠点も。ガラケーにクレジット機能が必要なかったのは、日本の治安の良さがなせる業だったのかもしれません。

New 時代に逆行? ガラケーサイズの液晶を持つスマホ
中国の新興スマホメーカー「Unihertz(ユニハーツ)」が液晶サイズ2.45インチ(ガラケーと同じ)という時代に逆行しているスマホ「Jelly Pro」を発売しました。
液晶サイズが小さいと言っても、OSはAndroid7.0だし、他のスマホと比べてスペックが劣る感じではありません。ただ、画面サイズが小さいので、文字やネット閲覧とかには向いてないかもしれません。今後、「ガラケーサイズスマホ」が売れるのか、注目です。

New セレブが続々スマホ離れ、ガラケーに回帰!?
キアヌ・リーブスや世界の投資家ウォーレン・バフェットなど各界の名だたるセレブがスマホをやめて、ガラケーに回帰しているみたいです。スマホは常にネット接続されているため、ウィルスやハッキングから個人情報が流出します。ガラケーはセキュリティーが高い「セキュリティーケータイ」としての需要もありそうですね。

New ガラケーは2022年でも不滅??
キャリアショップから姿を消しつつあるガラケー。ガラケーを製造する国内メーカーも次々と撤退しています。しかしながら、電話のしやすさ、料金プランの安さ、セキュリティー度が高いなどの根強いニーズがあるのは事実です。2018年4月23日に富士キメラ総研によると、全世界のガラケー市場が2017年2億8400万台に対し、2022年には1億1800万台に減少するものの一定の需要は残存するとのことです。ガラケーは2022年でも不滅です。

New スマホの形がガラケーの代名詞「折り畳み」になる?
ガラケーならでは形である折り畳みをスマホに応用しようとしていることがわかりました。有機ELをスマホに搭載すればガラケーのように、折りたためるスマホを作ることができるそうです。すでに有機EL技術の特許を多く持つ「Samsung」が開発に着手しており、2018年度中には「折り畳みスマホ」が発売されるかもしれません。ディスプレイを折りたたむことで、センサー類の断線や表面カバーの劣化など技術的なハードルがあると思いますが夢のある話ですね!

New みなさん、携帯電話っていつ機種変更しますか?
バッテリーが消耗してきたかなというタイミングや魅力的な新しい機種が出たとかキャンペーンでお得だったからとかいろいろな理由があると思います。そんな中、携帯電話の買い替え期間の調査結果が公表されました。携帯電話の買い替え期間このレポートによると、買い替え期間は、なんと4年だそうです。。。2年くらいかなと思っていたのですが、思った以上に長くてびっくりしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加