ガラケー商品開発研究所について

ガラケー商品開発研究所所長の粟津浜一です。

ガラケーと呼ばれる日本独特の携帯電話のシェアは、MMD研究所の調査によると、日本国内において全体の17%を超え、アメリカの3%に比べてもかなり高い水準です。
これは、日本国内におけるキャッシュレスの浸透率とも深く関係していると思われますが、2020年に向けて政府が掲げるキャッシュレス化が加速すると言われ、スマートフォンによるアプリ決済やQR決済など、今後、現金からスマホ決済へと移行が進むだろうと考えられます。
キャッシュレスの時代が来るときこそ、ガラケーの利用も減っていくだろうと推測されます。

しかし、いまだに利用台数も3000万台を超え、通信弱者は必ずおり、日本国内に限らず、世界規模でみてもまだ沢山います。

また、ガラケー利用者層においても、一部ビジネスシーンにて利用はされていますが、やはり、通信弱者と呼ばれるシニア層の利用が多いのが大きな特徴といえます。
そんなシニアの方々にとってライフラインの一つでもあるのがガラケーであり、我々はその接点を通じて、新しいサービスや補完となるインフラの提供をし続ける使命を感じています。

ガラケーを修理したい、ガラケーの電池を交換したい、前のガラケーと同じものが欲しい。そんな声が多数寄せられる中、より、「スマートフォンへの買い替え」を促すよりも、消費者様の目線でサービスを考え、消費者様にとって今一番必要なものは何か、という考えから、「今のままで利便性を上げることに注力しよう。」と考え、このたび、ガラケー商品開発研究所を設立しました。

当初は、事業主体である株式会社携帯市場にて活動を開始しますが、昨今の働き方改革の背景から、副業・兼業事業者、フリーランスなどが増える背景から、そういった方々の力をお借りして、「ガラケー研究員」とした新しい雇用を創出し、彼らとともに、現代にあったガラケー関連サービスから商品開発などを行ってまいります。

ガラケー商品開発研究所 所長 粟津浜一

このエントリーをはてなブックマークに追加